門田瑠衣子(Voicy)から学ぶ、パートナー選びで大事な5つの事!

今回は私の愛用している音声コンテンツ Voicyの中から、特に聞いて良かった回の話をします。

Voicyって何?どんなもの?どういう風に使うの?という方は、過去の記事に書いていますので、
ぜひこちらも読んでみてください。
Voicyのおすすめの使い方とチャンネルの選び方

私がとっても心を打たれたお話をされてたのは、
門田瑠衣子(もんだるいこ)さんの
人生を楽しむ10分レッスン」というチャンネルからです。

もんだるいこさんってどんな女性?

エイズ孤児支援NGO・PLAS代表。アフリカに行ったのをきっかけに、24歳でNGOを設立。

「全ての人に価値がある」 を信念に14年間ケニアとウガンダで活動。約3万人に支援を届けてきました。

また、3兄弟を育てるワーキングマザー

前向きに自分らしく生きたいワーママ、世界に貢献したいママたちの味方。

仕事と子育てをしながら、パートナーともとても良い関係を築かれていて、まさに女性の憧れ。

Voicyのパーソナリティとしても活躍しており、働く女性のこと、子育てのこと、パートナーシップなどについてとってもタメになる話を配信しています。

今回はそんな配信の中から、
「パートナーを選ぶときに後悔しないようにするには?」
という回の紹介をしたいと思います。

もんだるいこさん流、パートナーを選ぶときに後悔しない5つのコツ

選ばれるのではなく、自分で選ぶ

自分が選んだと主体的に考えられる相手を選ぶことが大事。

選ばれたとゆう感覚でいるのでなく選んだと思えることで、パートナーとの関係を築いていくのに上手くいきやすくなる。

すでにパートナーがいる人で選んでなかった!と思う人でも、今この瞬間に一緒にいることを選択すればいい。

確かに、女性って選ばれるのを待ってしまうこともありますし、選ばれたとゆう感覚でいる人も多い気がします。

自分の人生を共にする相手ですから、主体的に毎日一緒にいることを選び続けていくという姿勢はとても大事になると思います。

もんださんは、夫は自分にとって最もぴったりな相手で宝くじを引いたような感覚とも表現されていました。

困難なときに顔を見合わせて笑顔になれる人を選ぶ

困難なときにお互いを労って、自然に笑顔になれる人が良い。

安らぎを感じる人とだと気持ちよく生活していける。

楽しいときって誰といても楽しいんですよね。

だから、楽しいときベースで相手を選んでしまうと、辛いときに上手くいかなくなってしまいそう。

だから、辛いことがあったときこそ、困難にぶち当たったときこそ、支えてくれる相手が大事ですよね。

震災の後、結婚するカップルも別れを選択するカップルや夫婦も多かったという記事を以前見たことがあります。

緊急事態のときにパートナーとの関係性がよりはっきりするのかもしれませんね。

困難なときに顔を見合わせて笑顔になれる人は最強です。

相手を値踏みせずに相手に対して自分がどうありたいかということだけを見つめる

相手がどうかっていうことより、自分がどうあるか、どういう自分でありたいかということを大事にする。

相手に求めてばかりだとうまくいかなくなる。

相手のことは変えられない、自分なら変えられる。

相手に求める像に自分が近づければいい。

どうしても相手を自分の都合の良いように変えようとしてしまいますよね。

でも、長い人生を一緒に歩む上で相手が自分の思い通りにならないことなんて多々あるんだと思います。

相手ではなく自分に目線を向けて、まず自分がどうありたいかを見つめ直してみることが大事だとおっしゃっています。

これがなかなか難しいくて、私も数々失敗しています。心に刻みます。

ブログでこんな記事も書いています。
結婚相手に信頼できる人を選ぶより大切なこと

他人のパートナーシップを真似しない

パートナーシップは多様で、他人の真似をしてもうまくいかない。

こうゆう風に話し合ってみているとか、何を話し合っているとか手法を真似するのはあり。

憧れのパートナーシップを築いている人の真似をして、その人が選んだパートナーと同じような人を選んでも、そもそも自分と憧れの人は性格も違うし考え方も違うから同じパートナーシップにはならない。

他人をみてパートナーを決めると失敗する。

どうしても女性は特に周りと自分を比べがちになります。私もああなりたいって思いが出てくる。

でも人と人とのパートナーシップって一つとして同じ関係性はないもの

他人と比べて羨ましくなって嫉妬して、真似しようとしても絶対上手くいかないんですよね。

自分たちは自分たちで考えなくちゃならないですね。

相手を愛そうとする、愛されようとしない

自分が相手を愛そうとする気持ちがないとパートナーシップを組むときに一生懸命になれない。

自分が相手に愛情を持てたら、自然と相手も自分に愛情を持ってくれるようになるそう。
心理学的にも証明されている。

主体的に選ぶということと同様に、主体的に愛する気持ちが必要なのですね。

相手を愛する気持ちがあれば、パートナーと良い関係を築くように頑張りますよね。

言われてみれば当たり前のことかもしれませんが、これがものすごく大事だと話されています。

https://twitter.com/ehimemiho/status/1076342532542361600

まとめ

パートナーを選ぶときに後悔しない5つのコツ

https://twitter.com/Rui_Plas/status/1076326490348826624

もんださんは、夫をパートナーを選んだことを全く後悔していないと自信を持って話されています。

そんな相手を選びたいですよね。

もんだるいこさんのような、たくましい生き方をしている女性が前を歩いてくれて、
発信し続けてくれる世の中にいる私たちはとても幸せです。

ぜひVoicyで「人生を楽しむ10分レッスン」聞いてみてください。