ファストパス(ディズニー)スマホで発券!メリットデメリット注意点は?

こんにちは!

オリエンタルランドが3/25に東京ディズニーリゾート(ランドとシー)
ファストパスを発券機を使わなくてもスマートフォンアプリで取得できるようにすると発表しました。

2019年夏に導入開始するようです。

ディズニーシーの新アトラクション「ソアリン」がオープンする 7月23日のサービス開始をめざしているとのこと。

今回は、ファストパスが電子化したらどう変わる? 
メリット・デメリットや注意点を紹介
していきます!

メリット

ファストパスを取るために並ぶ必要がなくなる

ファストパス発券機の前に人が並んでいるのを見たことありませんでしたか?

私は何度か並んで取ったことがあります。

並びたくないからファストパスを取るのに、そのために並ぶなんて本末転倒!と思っていました。

これがなくなるのは良いですね!

ファストパスのための開園後ダッシュがなくなる

若者達は開園後に乗りたいアトラクションのファストパスを取るためにダッシュします。

特に開園後すぐの入り口付近は人も多く、ぶつかったり転んだり非常に危ない場面に遭遇したことがあります。

事故が減って欲しいです!

グループでの途中合流がなくなる

何人かで行った際、二手に分かれてファストパスを取ってくる人と違うアトラクションに並ぶ人に別れることはありませんか?

このとき途中で合流するのは至難の技。どこにいるのか探すのも大変ですし、並んでいる方も順番がきてしまうのではないかとソワソワ。

これがなくなるのはストレスレスですよね!

有効に時間が使えるようになる

一番のメリット、ファストパスを取るために移動していた時間が短縮されます。

ファストパスを取るために端から端まで移動していた時間がなくなると思うと嬉しい!

特に歩きまくる一日になりますから、少しでも移動距離が減るのも良いです。

チケットレスになり地球に優しい

これは客の立場からすると直接の恩恵はないかもしれませんが、

1日に発券される枚数を考えるとかなりの紙の削減に繋がりそうです。

スマホを持っていない人でも大丈夫

とはいえ、スマホを持っていない人はどうするの?

大丈夫です、今後も紙での発券は続けるそうですよ。

デメリット・注意点

手軽に取りやすくなった分、とりあえず取得する人が増える

今まで取りに行く時間と距離を考えると取らなくて良いかなと思っていた人達も

取りやすくなった分、とりあえず取っとく人が増える可能性があります。

ですので、もしかしたらファストパスが取りにくくなるかも?

1日に取れるファストパスの枚数は減る可能性があります。

事前にアプリをダウンロードする必要がある

アプリのダウンロードは簡単ですが、データ通信量が多いため、

行く前日までにアプリのダウンロードをしておく必要があります。

グループで行く場合や家族で行く場合も全員分行う必要があるので、注意が必要です。

スマホの電源が切れてしまったら、乗れない

スマホの電源が切れてしまったら、せっかく取ったファストパスが表示できなくなって乗れない!

そんな悲しいことにならないためにも、携帯式の充電器を持って行った方が良いでしょう。

まとめ

メリット
ファストパスを取るために並ぶ必要がなくなる

ファストパスのための開園後ダッシュがなくなる

グループでの途中合流がなくなる

有効に時間が使えるようになる

チケットレスになり地球に優しい

スマホを持っていない人でも大丈夫

デメリット
手軽に取りやすくなった分、
とりあえず取得する人が増える

事前にアプリをダウンロードする必要がある

スマホの電源が切れてしまったら、乗れない

メリットデメリットを考えつく限りあげてみましたが、実際に始まってみないと分からないですね。

より快適に夢の国を楽しめるようになるといいですね!